レインボーズ・エンド・メルロ2016 - 85~89点

Welcome to my blog

85~89点

レインボーズ・エンド・メルロ2016

0
南アフリカワイン「レインボーズ・エンド・メルロ2016」を飲みました。

20200801174425e4f.jpeg


レインボーズ・エンドは、ステレンボッシュの小地区バンシュックにある家族経営のワイナリー。
およそ22ヘクタールの畑を有し、シラー、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン、メルロなどの黒ブドウを栽培しています。

ここのワイナリーのワインは、楽天市場「ワインブティックヴァンヴァン」の店主でありシニアソムリエの麦ちゃんが惚れ込み、交渉の末、日本への輸入が実現しています。
※最近は自前のホームページも開設しており、楽天市場よりもお得に買い物ができるようになっています。


今回はメルロ単一で造られたワインを飲みました。





【ワイン名】
 レインボーズ・エンド・メルロ
【ヴィンテージ】
 2016年
【生産国】
 南アフリカ/ステレンボッシュ
【生産者】
 レインボーズ・エンド
【品種】
 メルロ 100%
【購入価格】
 2,750円





色は黒みがかったガーネット。

ブラックベリー、カシス、ブルーベリーなどの果実香を感じるとともに、シナモンの香りも強めに感じられます。また、湿った土やシダのほか、胡椒のようなスパイス香も香ります。

口に含むと、程よく甘さを備えた凝縮感のある果実味が広がります。
果実味は黒系果実メインですが、ほんのりとグランベリーのような赤系果実の要素も。
舌の上で転がすと、果皮の苦味を感じるともに、胡椒のようなピリッとしたスパイス感も感じられ、複雑さと深みを与えています。
収斂性を感じられるほどタンニンはしっかりとありますが、性質としては滑らか。
中盤に現れた苦味は終盤にかけて伸びやかに広がり、最後は優しい旨味に表情を変えてフィニッシュ。

さて、ニューワールドらしい凝縮感のある味わいですが、クドくなく飲みやすい部類のワインかと思われます。
麦ちゃんオススメのワイナリーなだけあり、味わい豊かでコスパの高さを感じました。
2千円台で買えることを考えると、満足感は高いです。

アタック:
 (軽)  1  2  3  ④  5  (強)
甘味:
 (辛)  1  2  ③  4  5  (甘)
酸味:
 (弱)  1  2  ③  4  5  (強)
渋味:
 (少)  1  2  3  ④  ⑤  (多)
余韻:
 (短)  1  2  ③  ④  5  (長)


【総合評価】
 85 / 100点
【コストパフォーマンス】
 4.7 / 5.0点





2000円台南アフリカワイン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply